町田『ぶっ豚』さぶろう跡地にG系のラーメン屋がオープンしたので御報告

町田『ぶっ豚』さぶろう跡地にG系のラーメン屋がオープンしたので御報告

『朗朗朗』から『ぶっ豚』へ!

町田に『豚山』が出来るまでは、それなり人気もあった『朗朗朗』ですが、盛りが減ったり増えたり味がブレたりしまくった挙げ句、今度は激辛系ラーメンをメニューに加えたりみたいな迷走をしまくった結果、最終的には閉店しちゃった感じですが、あえて言おう!

「今度は『ぶっ豚』で再開ですと!」

ん~……正直、嫌な予感しか無いのですが、まあ筆者が好きとか嫌いとか関係なく、町田のラーメン屋のひとつとして記事化する感じ。

ま、早い話が『蒙古タンメン中本』を軽くパクったみたいなコンセプトはコケたって事でして、他の『朗朗朗』も『ぶっ豚』になってるみたいでして、町田店は2号店との事。

と、言う訳で営業方針と言うか企業としてのスタイルは、多分に前と同じと思われ、まあラーメンを変えたら成功するんですかね~みたいな小並感しか無いのですが、何はともあれ行ってみました。

券売機的には、こんな感じ。

ま、お値段的には普通かな?

高くもなく安くもなくって感じだと思いますね~

そして!

なんか壁には「にんにく入れますか?しょうが入れますか?」みたいな事が書かれているのですが、あえて言おう!

「にんにく入れますかとは聞いてこないパターンと!」

食券を渡すタイミングで「トッピングはどうしますか?」みたいな事を聞かれたので、条件反射で「ニンニクで!」と言ってみたものの、なんかニンニクと生姜はカウンターに置いてあるのでセルフとの事……

じゃあ、壁に「にんにく入れますか?」とか書く必要無くね?

みたいな?

ですので、食券を渡す時の正解は”野菜(普通、マシ、マシマシ)”と、カラメとかは無いっぽいので”アブラ(カエシ漬け背脂)”の有無のみ?となります。

一応は大事な事で書いておきますが、この『ぶっ豚』は麺量が小で350gでして、いわゆるG系としては麺量が多い方ですし、極太麺は茹で上がりが更にボリュームUPですので、初見であれば調子こいて迂闊にヤサイは増さない方がベターかなと。

あと、多分に”油そば”用だとは思いますが、マヨネーズが無課金アイテムでボトルごと置いてあるのは高ポイントで御座います。

他にも孔明の罠としては、水の横にレンゲが置いてあるので「お、レンゲも持ってかなきゃだな!」と思っていたら、普通にラーメンにはレンゲが刺さっていた事も報告しておきましょう。

『小らーめん 豚増し』930円

こんな感じで、どうでしょう?

『ぶっ豚』は豚増し券で豚を増やす感じですので、ノーマルな『小らーめん』(780円)に『豚増し』(150円)で計930円となりました!

ほほう……

なかなか良い感じの盛りっぷりじゃない?

特に豚(チャーシュー的な何か)の方の厚さはヤヴァイですね~

ま、実は『ぶっ豚』1号店の写真を見て、豚増しを決断したのですが、結果として大勝利で御座います。

しいて言うなら、この豚のボリューム感がオープン当初だけで終わらない事を祈るのみでして、ぶっちゃけ豚が好きなら今すぐ食べに行くのが吉かなと。

ヤサイの方もイイ感じの茹で加減でして、これなら美味しく食べられると思います。

ん~……やっぱ情報的にはアブラもトッピングした方が良かったかもですな~

食券を渡すタイミングだったので、なんも考えてなかったからアブラを言い忘れたパターンが悔やまれます。

とは言え、別に食べる分には問題ない感じでして、豚も沢山あるのでバランス良く食べ進む事が可能。

ま、しかし普通と言うかノーマルでも、しっかりヤサイは盛られているので、あえて増さなくても良さそうな気がしないでもないです。

そして!

一応はコレ系ってニンニクも加わってナンボでして、やはりニンニク抜きではスープの評価にならんので、自らセルフでニンニクを入れます。

さて。

ヤサイもやっつけたので、そろそろ麺を食べますかね?

ま、この『ぶっ豚』は”超極太麺”がウリとの事でして、確かにG系の中でも麺は太い方かな?

もっとも筆者は最近、件の『MEN YARD FIGHT』を食べているので、このくらいでは特に感動するって程ではありませんが、あえて言おう!

「なかなか美味しい麺じゃないと!」

店の売り文句通りに硬めに茹でられた極太麺は、確かにG系の麺としては美味しい部類かな~って思いますね。

しいて言うなら、麺が極太だからか麺の長さが短めなのは違和感が無きにしも非ずですが、まあコッチの方が食べやすいかな?

スープの方は……すっかり『朗朗朗』の味を忘れたのでアレですが、とりあえず『朗朗朗』町田店の末期よりは美味しいんじゃないかな?

ま、微乳化で塩っぱい感もあり、化学調味料的なケミカル感もソレっぽく、いわゆるインスパイアとしてはイケてる方だと思います。

このタレ多い感じも、恐らくは『ぶっ豚』のユーザー層は、基本的にヤサイを増して行く方向であると判断しての、塩分感かな~とも思えますし?

ま、確かにコレなら”カラメ”のコールは設定する必要が無いかもですね。

そして!

麺量の方も確かに茹で前350gかな~って感じでして、ここら辺も高評価で御座います。

ご馳走さまでした!

『小らーめん 豚増し』総評

と、言う訳で何気に『朗朗朗』よりもグレードUPした感じの『ぶっ豚』でして、今のクオリティーが維持されるなら、再び『豚山』に奪われた客を取り戻す事も可能かなと思った次第で御座います。

ま、スープの仕上がり加減は『豚山』とドッコイかもですが、硬めの極太麺って個性とボリューム感、豚も『豚山』を上回っていると思うので、ワンチャンあるんじゃなかろうか?

店員さんの方も店長っぽい人はベテランぽいですし、オープン初日にしては普通に店も回っていて、ラーメンの提供も思ってたよか早かった、むしろ極太麺にして10分程度とマッハな感じでして、値段とか接客とかの総合面でも町田で通用するG系だと思います。

と、言う訳で行くまでは気乗りしなかった筆者ですが、実際に『ぶっ豚』で食べてみたら気に入った感じでして、個人的には今現在、町田でG系を欲したなら『ぶっ豚』1択かなと。

そんな感じで今なら行列も無さそうですので、気になる人は早めに食べに行ってみて下さい。

『ぶっ豚』町田店

東京都町田市中町1-30-2

営業時間 11:30~15:30 17:00~23:00

定休日 無休?

『ぶっ豚』Googleマップで表示

町田カテゴリの最新記事