町田で一番不味そうなラーメンを探す旅に出る@ラーメンハウス入口

『ラーメン』400円

こんな感じで、どうでしょう?

ほほう……

思ったよりもと言ったら失礼ですが、わりと想像よりは普通にラーメンじゃない?

ま、そりゃ『ラーメン』をオーダーしている訳ですから、ラーメンっぽいのが出て来て当然なのですが、お値段400円だからアレかな~って予想は見事に外れたパターンで御座います。

逆に?

これで400円ってむしろリスペクトな予感でして、店の外観&内観だけでなく、お値段も昭和で止まっている感じなのはスゲーと思います。

チャーシューもちゃんと入ってますし?

さりげなく丼も渋い感じでして、こういうラーメンって嫌いじゃないです。

さて。

気になる味の方ですが、あえて言おう!

「思ったよりも普通であると!」

値段が値段ですのでインスタント系かな~と思っていたのですが、何気にこの味……ちゃんと店でスープ炊いてるっぽい。

ま、いわゆる鶏ガラベースの昔ながらの中華蕎麦って感じのラーメンでして、特別に持ち上げる要素は無いかもですが、良くも悪くも普通にそれなり食べれる感じ?

麺の方も超フツーですが、やはり昔ながらに微妙にヤワ茹でな雰囲気とかも含め、いわゆるノスラー(ノスタルジックなラーメン)みたいなジャンルを確立してると思います。

ご馳走さまでした!

『ラーメン』総評

正直、全然普通に食べれるラーメンでして、記事のネタとしては予想に反して盛り上がりに欠ける結末とは成りましたが、それはそれでハッピーエンドって事で誰もが幸せ!

ま、確かにスゲー不味いラーメンだったら記事的にはウケるかもですが、当サイトのポリシーとして「正直に書く!」ってのが第一にあるので、ネタの為に嘘こいて「不味い!」と書く事は有りませんので御了承下さい。

そして!

インターネット全盛期、誰もがスマホでサクサクと検索する令和な時代な訳ですが、やはりネットの情報を鵜呑みにして、自ら体験する機会を無くしてしまうってのは、逆に情報社会の盲点と言うかデメリットかなと。

つまり!

どんだけ美味しいと言われているラーメンも、実際に自分で確かめてみなければ分からないかもですし、逆にどんだけ不味いと言われているラーメンも、食べてみなけりゃ分からないぞ~って事だと思うんですよ。

ですので、今回の記事で伝えたかったのは「峠には必ずラブホがある!」とか「何故かガードレールで座布団干す!」では無く、店の外観だけで美味い不味いを判断するのはナンセンスでして、与えられた情報を過信せず、自ら未来を切り開く勇気とチカラが大事だぞって。

そんな感じで、なんだかんだと思ったよりも有りだった『ラーメンハウス 入口』ですし、わりと昭和な感じが素敵だったので、是非みなさんも1回くらいは『ラーメンハウス 入口』に寄ってみて下さい。