町田『長岡食堂』で塩チャーシューメンを食べてみた結果

町田,ラーメン&つけ麺

『塩チャーシューメン』980円

はい、こんな感じでどうでしょう?

いや!

もう誰もが思うであろう案件ですので、別にそこを触る必要は無いかもですが、まあ一応は気が付かない鈍感なナチュラル製法100%に育った人も居るかもですし、あえて微妙な部分にはタブーと言えども突っ込んで行くアグレッシヴなスタイルが信条の当サイト、これを見逃す訳には行かないので、あえて言おう!

「清湯スープとは何かと!」

いや、それ以前に塩ラーメンと言うよか、醤油ラーメンに見えるでしょうがよって話でして、何故にWhy?

まあ、何処から何処までが清湯なのかっちゅうたら、透明度みたいな厳密な定義は無いと思うので、自己申告制っちゃそれまでですが。

とは言え、別にオーダーを間違えられたとかって訳ではなく、これが『長岡食堂』の『塩チャーシューメン』である事は間違いないので、とりあえず食べる方向で!

ん~……昨日と変わらずイイ感じのチャーシュー感ではありますが、若干は馴れて来たのか僅かにチャーシューが薄くなった感はあるかもですね。

言うても1㎜の差があるかないかでして、誤差の範囲とも筆者の気のせい説も有り得るので、特に物申す感じではありません。

柔らかいチャーシューだと薄く切るのが難しいので、最初はわりと厚くなっちゃうんですが、切る人が包丁に馴れて来ると、より薄く切って来るパターンはラーメン屋あるあるで御座います。

とは言え、十分なチャーシューヂカラですし、美味しさは変わらないので、やはり『長岡食堂』はチャーシューがオススメ!

さて。

気になるスープの味ですが、あえて言おう!

「正直、そんなに大差ないと!」

明らかに筆者の味覚に疑問を持たれる人が多数だと思われますが、食べれば筆者の言ってる意味が分かると思います。

ん~……さすがにタレは替えてるはずですし、まったく同じ味って訳ではないのですが、雰囲気的には大体同じかな~って思った次第。

チャーシューの味に左右されてる説も否めませんが、もっと塩と醤油でビジュアルも含め明確に違うかと思っていたのですが、そこまででは無いぞと。

ん?

したら、両方を食べた意味って有りますかね?

記事的に?

と、一瞬思ったのですが、それは食べてみなければ辿り着けない結論ですので、そう言った意味でも無駄死にではないぞと。

麺の方は当然同じですので、なんなら前回の記事を参照する方向で!

ご馳走さまでした!

『塩チャーシューメン』総評

見た目も味も大差ないと言ったものの、やはり『塩チャーシューメン』の方が醤油感は低めですので、個人的には『塩チャーシューメン』の方が好きな味だった事を報告しておきましょう。

いや、厳密には確かに味が違うのですが、塩ダレならではのキレみたいなのは無かったぞと。

とは言え、いわゆる塩ラーメンと醤油ラーメンって誰が見ても食べても、一発で分かる程の差があるのが普通な感じですが、今日食べた感じですと「あれ?間違えて醤油ラーメンが来ちゃったのかな?」みたいな不安は否めないかな~って。

まあ、細けぇ事は抜きにして、とりあえず『長岡食堂』の『塩チャーシューメン』も美味しかったので、気になる人は食べ比べてみたら良いと思います!

終わり。