相模原『若竹』チャーハン大盛りどうでしょう?

『チャーハン大盛り』800円

こんな感じで、どうでしょう?

まあ、ちょっと写真だとスケール感が掴めないかもですが、普通の店のチャーハンの3倍くらいのボリュームはありますね!

ちなみに『若竹』のメニューには『チャーハン』は800円って書いてあるのですが、それは出前価格らしく、実際には100円引きだったはず?

ですので『チャーハン大盛り』だとプラス100円で、計800円みたいな感じで御座います。

さて。

とりあえず『若竹』のチャーハンを知っている人なら、まあ今更語る必要はないのですが、この『若竹』的なチャーハンは盛り方が独特なんですよね~

そして!

美味しいチャーハンの定義と言うか理想って、人それぞれあると思うのですが、あえて言おう!

「パラパラチャーハンはナンセンスであると!」

美味しいチャーハンを作った結果としてパラパラになるのであればOKですが、パラパラチャーハンを至高とし、パラパラにする事を目標としたチャーハンは、ぶっちゃけナンセンスで御座います。

それでは貴様にとって”美味しいチャーハンの定義”とはなんぞやって話ですので、あえて言おうに、あえて言うスタイルですが、あえて言おう!

「具沢山こそ正義であると!」

なんだかんだとチャーハンも「戦いは数だよ、兄貴。」の法則が適用される感じでして、多少の調理技術の優劣よりも、どんだけチャーシュー的な肉が入っているかとか、ナルトの有無による味の差の方がダイレクトに反映されると思うんですよ。

ま、ここら辺は異論がある人も居ると思うので、そういう人は具のない(少ない)パラパラチャーハンとやらを食べれば良いじゃない。

そんなこんなで話を『若竹』のチャーハンに戻しますが、この『若竹』も『自由軒』みたいに具沢山な感じのチャーハンでして、特にナルトが鬼の様に入っているのが特徴の店として、チャーハンクラスタに認知されています。

って事で、味に関しても申し分なしの『若竹』でして、さらに大盛りにするとボリュームも最高な可能性……あると思います。

ん~……結構、食べたのにまだまだ残っているとか……ヤベェですな!

とは言え、付属のスープも美味しいので、なんだかんだと最後まで美味しく食べられるチャーハンでしたね。

ご馳走さまでした!

『チャーハン大盛り』総評

と、言う訳で『若竹』のチャーハンが変わらず美味しかった事を確認出来たので、今年もちょいちょい食べに行く事になるかな~って。

いや、確かに今現在ですと相模原なら『自由軒』のチャーハンがメジャーですが、この『若竹』もオススメ出来る感じでして、具沢山ってのも共通点だし、ボリュームに関しても良い勝負かなと。

そんな感じで2020年、まだ『若竹』のチャーハンを食べた事が無い人は、とりあえず普通盛りからチャレンジする体でお願いしたいので、是非みなさんも『若竹』に食べに行ってみて下さい。