相模原『貝ガラ屋』限定の超牡蠣塩ラーメンが美味しい件の是非

『超牡蠣塩ラーメン』900円

こんな感じで、どうでしょう?

『貝ガラ屋』と言えば『貝めし』(220円)とのコンボが安定なのですが、筆者は基本ラーメン屋で米を食べない派ですので、いつもラーメン単体で御座います。

だが、しかし!

筆者の場合は『貝ガラ屋』まで遠くないのでアレですが、遠征組なら『貝めし』は必食ですので、忘れず食券を買いましょう!

さて。

ビジュアル的には、まあ大体いつもの『貝ガラ屋』っぽいラーメンですが、どんなもんでしょうかね?

ちなみにチャーシューはそこそこ前から”香福豚”に切り替えていて、美味しさもかなりUPした事は『貝ガラ屋』ファンでは常識で御座います。

むむ!

この立ち上る牡蠣感……軽くヤヴァイじゃない?

え~、ちなみに店内のPOPに『超牡蠣塩ラーメン』について書いてあるので、とりあえずまるっと引用しますと「大量の牡蠣と塩で作った超牡蠣塩ダレに、少量の豆乳を加えコクと濃さを更に押し出し、超濃厚エキスの牡蠣塩ラーメンに仕上げました!」との事。

つまり!

レギュラーメニューよりも”牡蠣感”がUPしている感じでして、ぶっちゃけ筆者的には『超牡蠣塩ラーメン』1択なのですよ。

(大体50食限定、提供しない日もあるので要注意!)

ん~……この濃厚な牡蠣感は唯一無二の味でして、特に『超牡蠣塩ラーメン』は、ある意味『貝ガラ屋』の集大成なんじゃなかろうか?

ご馳走さまでした!

『超牡蠣塩ラーメン』総評

基本、血圧の関係で塩分を控えなきゃならない筆者が、迂闊にもスープを飲み干してしまう完成度でして、この『超牡蠣塩ラーメン』はオススメかな~って。

ラーメンって確かに最初、レンゲでスープをちょいと飲んでからスタートする事が多いのですが、この『貝ガラ屋』はレンゲで5回くらいスープを飲んじゃう感じでして、牡蠣好きならば、かなりハマる要素があると思います。

と、言う訳で”つけ麺”が始まる季節になると確実に食べれなくなる、『貝ガラ屋』の『超牡蠣塩ラーメン』ですので、是非みなさんも今のうちに食べに行っておいて下さい。