『焼肉はせ川』カキの極太皿うどんがデカ盛りな件の是非@相模原

『焼肉はせ川』(超完全電話予約制)

神奈川県相模原市南区相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00

定休日 水曜日

電話番号 042-765-5858

『焼肉はせ川』(グーグルマップで表示)

正直、書くの忘れてたパターン!

まあ、年間1000本くらい記事を書いていると、そういう事も良くあるよね~って感じでして、今更ですが記事化するパターン……あると思います。

いや、すでに『焼肉はせ川』の記事に関しては、そうとう書いているので今更感は全開かもですが、やはり超絶完全予約制の為に行けない人がほとんどですし、未だに予約しないで突撃する人がいるので、まだまだ布教活動が必要かなと。

とは言え、特に語るもないと言うか、語り尽くした感しかないので、もう写真をパラパラ見るくらいのリラックスした感じでどうでしょうか?

ここら辺のメニューも、色々とおかしい部分があるのですが、すでに『焼肉はせ川』に馴れてしまっている筆者的には……いつも通りかな?

いや!

いつも通りと思わせておいて、何気に新メニューとか色々あるので、そこら辺を見逃してはハセリストとは言えません。

そして!

ハセリストを目指すならば業界初の焼肉屋写真集的な何かも、AmazonのKindleであったりなかったりするので、ハセリストを目指す人にはバイブル的な存在かなと。

肉も安いぞ!『焼肉はせ川』

『焼肉はせ川』には100円焼肉シリーズみたいなのもあるのですが、やはり高級和牛ら辺を食べるのが正解な可能性!

そもそも肉って無限に食べれる訳でもないし、滅多に予約がとれない『焼肉はせ川』に来たのに、鶏皮とかを沢山食べてお腹一杯になった挙げ句、デザートまで辿り着けないとかはナンセンスで御座います。

しかも!

女子ならますます食べれる量は少な目ですので、そこは『ミスジ』とか『ヒレ』とかの厚切りシリーズを絡めて、サイドを『上牛タン』や『ハラミ』、『ラム肉』とかで固めるのがベストでしょうか?

ん~……ココら辺のランクになると、ぶっちゃけ筆者は『焼肉はせ川』でしか食べれないかもです。

(財布的にな!)

ゆえに愛情を込めて焼き上げるよね~

ちなみに達人になると『焼肉はせ川』ではサラダを食べない傾向があり、サシの入った和牛の合間にハラミとか『馬刺し』を挟んで食べる事で、「肉で肉の脂を切る!」みたいな感じにしています。

もっともビールの友として『ポテトサラダ』(100円)とか『キムチ』(100円)とかは、往々にしてテーブル上にあると思うので、そこら辺で箸を休めるのも吉かな?

そして!

最近、筆者がハマっているのがコチラの『ラム肉』でして、タレではなく塩胡椒で食べれちゃう感じの逸品で御座います。

『焼肉はせ川』に来たら必食ですので、ここら辺は食べておいて欲しいかなと。

あと今日は『下仁田ネギ焼き』(350円)とかもあったので、ここら辺も食べるじゃない?

美味しいネギがあると仕入れて来るので、メニューにネギ系があったなら食べて損はないと思います。

そして!

今では唯一、生食が許可されている馬刺し的な何かもマーベラスでして、この『馬のシャトーブリアン』もオススメで御座る!

これもメニューにあったなら必食ですので、ワンチャンどうでしょうか?