横浜『レストラン ばーく』トマトライスカツ大盛りのデカ盛り感よ@エスカロップ

横浜&川崎,豚カツ&揚げ物,デカ盛り

『トマトライスカツ大盛り』1200円

こんな感じで、どうでしょう?

まあ、筆者は何度か『レストラン ばーく』に来て食べているし、大盛りがどんなもんか把握しているので問題ないのですが、普通の定食屋だと思って、軽い気持ちで大盛りを頼んでしまったなら、100%絶望するボリューム感で御座います。

もっともメニュー表に”普通200g、中盛り550g200円、大盛り1000g300円”って書いてあるので、ちゃんとメニューを読んでいればミスする事もないかな?

若干、中盛り550gもアレですが、大盛りになると途端に”キロメシ”になるのが孔明の罠でして、ぶっちゃけ自分が米を何㎏まで食べれるのかを把握出来てない人は、せいぜい中盛りにしておきましょう!

さて。

あらためて『トマトライスカツ』(普通盛り800円)の内容を見てみると、トマト的ライスにオン・ザ・トンカツ、その上にデミグラスソースって感じでして、これはいわゆるアレ的なアレなので、あえて言おう!

「いわゆるエスカロップ(赤エスカ)であると!」

まあ、そもそもが”トルコライス”くらいは名前を聞いた事があるかもですが、ぶっちゃけ”エスカロップ”とか極一部の人にしか通じない感じですので、一応は面倒ながらも解説しますと、エスカロップとは北海道根室市の御当地グルメでして、赤エスカはケチャップライス、白エスカはバターライスがベースとなります。

んで。

なんで根室の郷土料理が横浜の『レストラン ばーく』で提供されてるのかっちゅうたら謎ですが、元々は横浜で働いていたシェフが根室に引っ越しして、この”エスカロップ”を考案し、その後に広まったって事なので、まあ一周回って横浜に凱旋した的な解釈で宜しいかと存じます。

もっとも、この『トマトライスカツ』(トマトカツライスでも可)はその名の通り、あくまでも赤エスカではないので、『レストラン ばーく』のオリジナルなんですけどね~

気になる味の方ですが、これはなかなかヘヴィーかなと。

ケチャップライス的なのは、もしかしたらチーズが加わっている感じでして、その分だけ重いかもです。

だが、しかし!

筆者はわりと重い料理は得意なので、どうと言う事はない!

嘘です。

流石にライスだけで1㎏ですので、そこは戦略と言うか戦術、すなわちタクティクスがあってこそ食べられるボリューム感。

ま、ここら辺は人それぞれプレイスタイルが違うので、どれが正解って訳でも無いのですが、今回は意外と”キャベツ”が難しいかもでして、どのタイミングでキャベツを食べるかで生死が決まると思います。

ちょっとくらいのキャベツなら最初に全部食べちゃって、ライスの全容を掴めば良いだけですが、このくらいのキャベツヂカラとなると、一番最初にキャベツを食べると、キャベツが嵩んでシンドイ可能性……あると思います。

何せ米が壁みたいな高さですからね~

普通の人には無理ですわ……

結果!

今回はキャベツを後回しにして、まずはライス攻めで一気に勝負する感じ。

このくらいまで食べておけば、キャベツを食べて苦しくなっても、あとは気合いで乗り切れるかなと。

ん~……キャベツの下にもライスが見えたので、ちょいと不安だったのですが、まあこんくらいなら想定の範囲内って事で。

ご馳走さまでした!

『トマトライスカツ』総評

と、言う訳でほぼほぼ”赤エスカ”なんじゃないのか説はありますが、ケチャップライスにチーズを忍ばせているので、『トマトライスカツ』は『レストラン ばーく』のオリジナルメニューって事で良いと思います!

しいて言うなら、合計1200円だったのですが『トマトライスカツ』800円+大盛り300円だと1100円では?

まあ、多分にテーブルに「10月から50円~100円値上げします」みたいな事が書いてあったので、そういう事かと思いますが、ちょっとややこしいかなと。

とは言え、これだけの内容で1200円ならリーズナブルでして、食べ応えもバッチリ、さすがは『レストラン ばーく』だと思った次第。

そんなこんなで『レストラン ばーく』はバリバリにデカ盛りも可能な店ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。