博多『旭軒』駅前本店で焼餃子&水餃子をエンジョイしてみた

博多の餃子どうでしょう?

それとなく博多ら辺に進出し、ささっとラーメンとか博多うどんを食べてた感じですが、あえて言おう!

「餃子もちゃんと食べて来たと!」

とは言え、やはり滞在時間も限られる感じですし、夜は出歩かない方向ですんで、とりあえず”ベスト・オブ・ベスト餃子”を探さないとって感じ。

だが、しかし!

何せこういう状況ですんで、飲食店も高確率で臨時休業中の為、わりと運任せな可能性……あると思います。

まあ、それもひとつのデスティニーと思って、流れに身を任せるも一興かなと。

結果!

コチラの”創業昭和29年”餃子の店『旭軒』の本店でワンチャンあったりして?

店内、ちょっとだけ常連さんが挨拶がてらチョロっと飲むくらいでして、流石に今の時期は活気が無いかもですね~

まあ、時間が早いからっちゅうのもあるでしょうが恐らく創業以来、こんな事って流石に無かったんじゃないでしょうか?

とは言え、いつもならば夜や週末は超賑わうのが予想出来る感じでして、地元の人気店である事は店の雰囲気からも伝わります。

メニューの方はこんな感じで。

まあ、若干は値段が隠れて良くワカランかもですが、全体的に安価ですんでビックリする様な値段ではないです。

そして!

瓶ビールはプラス20円?だかで”エビスビール”も選べるので、そこはエビスビール大瓶1択で御座います。

(多分、580円)

『焼餃子&水餃子』

こんな感じで、どうでしょう?

ちなみに『焼餃子』は10個360円なので2人前、『水餃子』も10個360円なので1人前をオーダーしてみた次第。

まあ、いわゆる博多の餃子は小さいサイズですので、計30個でも食べきれないって事はないですな!

ん~……どうでしょう?

餃子と手羽先ひとすじウン十年、まさに地元が誇る『旭軒』の餃子でして、なかなかのオーラを感じますね~

と、言う訳で焼き餃子から食べるじゃない?

結果!

これはなかなか美味しい餃子、そこまでパンチがある感じではないのですが、いわゆる餃子の”わびさび”が詰まってますね~

サイズも小さいゆえに、餃子の皮の香ばしさが強調されているので、そこら辺も博多餃子ならではのメリット。

確かにコレは餃子のジャンルのひとつとして、認められるだけの味で御座います。

さらに!

水餃子の方も美味しいじゃない?

多分に餃子的にはまったく同じだと思うのですが、水餃子の方は皮のモッチリ感が強調されていて、これまた焼き餃子とは全然違う食感で御座います。

ご馳走さまでした!

『旭軒』本店 総評

と、言う訳で個人的に大満足な『旭軒』本店でして、これは食べに来た甲斐があったぞと。

そして!

多分に「手羽を食べてないじゃない!」みたいな意見も多いと思われますが、それは次回のお楽しみ……って事で。

そんな感じの『旭軒』ですので、まあ地元の人には今更ですが、博多ら辺に行ったならば必食ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

餃子の店『旭軒』駅前本店

福岡県福岡市博多区博多駅前2-15-22

営業時間 15:00~23:30

定休日 日曜日

『旭軒』Googleマップで表示

2020-04-27その他地域,餃子

Posted by yellow