町田『手打ちうどん 瀬戸内』ジャージャーうどんを食べてみた

町田『手打ちうどん 瀬戸内』ジャージャーうどんを食べてみた

『瀬戸内』っていいよね?

まあ、町田街道よりも国道16号線の方が流れるので、今はあまり町田街道を使う人は少ないかもですが、何気に町田の木曽ら辺にある『瀬戸内』でして、わりと昔から地元では名店として愛されている予感で御座います。

ま、うどんの味も当然ですが何気に駐車場が広かったり、メニュー全般安いので今でもちょいちょい人気はあるんじゃなかろうか?

と、言う訳で当サイトも定期的に『瀬戸内』を記事化している感じ。

いや、まあすでに存在を知ってる人も多数だとは思うのですが、意外とネットの記事って古い記事と言うか過去記事はまったく読まれない傾向でして、そこら辺が悩みのタネなんですよね~

なので、わりとメジャーなサイトも過去記事のツイートを連呼したりするんですよ。

確かに情報とかネタ(記事)って新しい方が良いとは思いますが、じゃあ半年前の記事に価値は無いのかっちゅうたらそうでもなく、情報として今見ても有益でしかない可能性……あると思います。

そもそもが。

ネットの記事って露骨なアフィサイト(やたらとカードを作らせたり商品を買わせたり会員にならせる系)とかを除けば、基本的に”広告収入”に頼っている訳でして、メジャーなサイトも極一部の企業広告を除けば、全ての記事を書く為の収入源は”Googleアドセンス”辺りに頼っていると思われ、そこら辺の単価が鬼安いので、メジャーなサイトですら過去記事をリツイートして、少しでも収入に繋げようとしてる訳ですな!

さらにぶっちゃけて言うとGoogleアドセンスとかYouTubeの広告って、大体は”0.3円”と言われていて、高いような安いような微妙なラインなんですよ。

だが、しかし!

それはあくまでも”ある程度は視聴率があるトコロの話”でして、意外と0.3円って単価を出すのすら大変だぞ~って。

ですんで、YouTuberとかの動画だけの収入(企業案件のマネーは別として)は、大体は「再生回数✕0.3円」と思えば、ほぼ正解で御座います。

そう考えると100万再生で月30万円……まあ、YouTuberとして生きて行くのも楽ではないぞと。

なお、その0.3円って単価も平時の話でして、今現在みたいな状況ですと各企業も広告を出さない為、更に単価が安くなってるのは間違いなく、よほどの大手以外は結構キビシイんじゃなかろうか?

『ジャージャーうどん』500円

こんな感じで、どうでしょう?

上記の様な状況ゆえに当サイトも鬼赤字でして、もはや取材費とか出る訳もない感じですが、あえて言おう!

「瀬戸内は財布にも優しいと!」

と、言う訳で前回食べ損ねた『瀬戸内』の『ジャージャーうどん』を、食べてみる事にしてみた次第。

ん~……”本格手打ちうどん”が500円で食べられるって、ちょいちょい幸せじゃなかろうか?

写真の通り、かなりシンプルな感じの『ジャージャーうどん』ですが、ベースは『瀬戸内』の美味しいうどんでして、コスパは高めで御座います。

そもそもが。

わりと”ジャージャー麺”的な食べ物を知らない人も多いかもでして、そこら辺を補足するのが親切な予感ですが、そこは書くのが面倒なので各々スマホで調べたまえよと思うものの、そうなるとライトなユーザー層はいちいち検索するとも思えず、最終的には書く側が折れる感じですんで、あえて言おう!

「もとは中華料理であると!」

もっとも、そこら辺も日本で魔改造された感じでして、わりと一般的にはラーメンの麺に”肉味噌”的なのを合わせたのが多いですかね~

しいて言うなら”盛岡じゃじゃ麺”は中華麺ではなく、うどんっぽい麺を使うので元祖の味に近いかも?

と、言う訳で実は鹹水(かんすい)を使わない系、すなわち小麦粉オンリーの麺が正解でして、そう言った意味では『瀬戸内』の『ジャージャーうどん』は、注目すべき味だと思います。

ん~……やっぱ『瀬戸内』は美味しいですね~

ご馳走さまでした!

『ジャージャーうどん』総評

ま、ちょいと甘めな肉味噌的な味付けですんで、大抵の人は美味しく食べれるんじゃなかろうか?

しいて言うなら、希に品切れとかあったり季節限定説も無きにしも非ずですので、タイミング次第って可能性もありますが、まあ他のメニューもイチオシですんで、とりあえずで『瀬戸内』に行ってみても損はしないぞと。

そんな感じでオススメ出来る『瀬戸内』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

手打ちうどん『瀬戸内』

東京都町田市木曽西5-31-5

営業時間 11:00~20:00

定休日 火曜日

『瀬戸内』Googleマップで表示

町田カテゴリの最新記事