マイナンバーカード&給付金!今こそICカードリーダーGETでしょ?

ICカードリーダーライター持ってますか?

え~、未だに「特別定額給付金が振り込まれない!遅い!!」と騒いでいる人達がいるのですが、あえて言おう!

「電子申請ならとっくに振り込まれていると!」

もうね。

紙ベースでそういう申請したら時間が掛かる事は分かっているのに、いい大人がギャーギャー喚くのはみっともないと思いませんか?

そこら辺は地域によるでしょうが、相模原市ですと多分に最速で電子申請をしたならば、10万円(特別定額給付金)の申請用紙が送られて来る頃には、すでに銀行口座に振り込まれている感じでして、早くGETしたいなら電子申請1択で御座います。

さらに!

今はギリ使える”マイナンバー通知カード”(紙のヤツ)ですが、すでに2020年5月下旬で廃止となっており、暫定的な措置で今も使えるものの、今年中には完璧に”マイナンバーカード”(ICカード)に切り替わると思われるんで、時間的猶予は待った無しです。

『ICカード リーダーライター ACR39-NTTCom』

正式名称は『NTTコミュニケーションズ 接触型 USBタイプ ICカード リーダーライター ACR39-NTTCom』とメッチャ長い感じですが、筆者はコイツを使っています。

いや、Amazonでも安いICカードリーダーライターは沢山あるのですが、最近はAmazonも平気でゴミを売ってるんで、最安値のはチョット……

多分、筆者が買った頃はもうちょっと安かったのですが、まあ3千円前後するとしてもコレがないと電子申請出来ないですし、市役所行って並ぶ時間を考えたら、むしろ安いと思いますね。

筆者の環境は普通にWindows10ですが、コイツとマイナンバーカードでサクッと電子申請を色々やっているので「ウチのパソコンで動くかな?」みたいな人は、ちょっと高くてもコレを買っておくのが無難かなと。

『やよいの青色申告オンライン』

さらに!

個人事業主で青色申告とか白色申告している人ですと、コレとマイナンバーカードを使って税金の確定申告も出来るんで、地味に毎年必ず使うアイテムとなります。

ま、多分に未だに個人事業主で紙ベースの確定申告をしている人は居ないと思いますが、税務署に行くとめっちゃ行列してたりするんで、実はまだまだマイナンバーカードを使った確定申告って普及してないのかもですね~

だが、しかし!

”e-Tax”による電子申告(マイナンバーカード&ICカードリーダーライター)で確定申告をすると、普通に紙で申請すると55万円の青色申告特別控除額が、従来通りの65万円控除になるんで、「節税って意味でもICカード リーダーライターは必須」で御座います。

ちなみに筆者、今年から”やよいの青色申告オンライン”を使っていますが、コイツで確定申告するとメチャ早いのでオススメ!

このソフト(オンラインですが)は電子申請に対応しているんで、面倒な計算も全部ソフトが処理してくれるんで、あとは領収書を沢山集めて節税(略


さらに言うと確定申告をした事がない人ですと「青色申告とはなんぞや?」みたいなスタート地点だと思いますし、これから個人事業主として起業しようって人も、わりと未知の世界だと思いますが、このソフトなら「収入を入力する」(売り上げ)&「支出を入力する」(支払い)をちょこちょこ入力していけば、普通に年末の確定申告が出来る状態まで持って行けるし、そのデータをUPする事で確定申告まで完了出来るので、メチャメチャ便利で御座います。

まあ、筆者も昔々は紙ベースで青色申告をやっていて、「勘定科目ごとのハンコ」とかペタペタやってた記憶ですが、その時代の100倍くらい楽チンで早いので、もはや個人事業主なら必須アイテムかなと。

ICカードリーダーライターは必須の時代!

と、言う訳で未だに”ICカードリーダーライター”を使っていない人は、地味に色々と損をしているので、もういい加減に買っても良いタイミングではなかろうか?

「家にパソコン無いわ!」

って人は……まあ、どうぞ御自由にって感じですが、仮にも個人事業主ならパソコン無しでは仕事にも悪影響が出ると思われ、もはや待ったなしで御座います。

ま、そんなこんなで多分に今持ってないと確実に損をする”ICカードリーダーライター”ですんで、この機会に持ってない人は買っちゃって下さい。