【缶詰】『吉野家 缶飯牛丼』vs『SUNYO 牛めし』【保存食】

ブログ&レビュー

『吉野家 缶飯牛丼』ですと?

え~、そこそこ前に牛丼の『吉野家』から非常用保存食として、『吉野家 缶飯牛丼』なるモノを発売したのですが、あえて言おう!

「高くて買えなかったと!」

『吉野家』の公式通販ショップで買おうと思ったら、なんと6缶入りで4860円との事……

各種レーション大好きマンな筆者も、流石にこの値段ではスルーで御座います。

すると、どうでしょう?

先日、OKストアで買い物をしていたら、なんと『吉野家 缶飯牛丼』が1缶税別599円で売っていたりして?

ん~……まあ、コレでも月収8万円の男にとってはクッソ高いのですが、記事化すればプラマイゼロくらいになるような気が1㎜くらいするので、せっかくだから試食用に1個買ってみた次第。

そして!

缶メシと言えば『SUNYO』が老舗メーカーな感じでして、コチラの『SUNYO 牛めし』も税別299円で販売していたので、せっかくなので食べ比べてみようかなと。

ちなみに元々は自衛隊の”戦闘糧食Ⅰ型”が原型と思われますが、今は自衛隊も”戦闘糧食Ⅱ型”に移行したので、すでに陸上自衛隊への納入は終了しているはず?

いや、前からスーパーとかでも『SUNYO』の缶メシは売っていたのですが、もうちょっと大きなサイズの楕円型の缶詰でして、値段もそこそこしたのでスルーしてた予感。

『吉野家 缶飯牛丼』

え~、コチラの商品は値段がメチャメチャ高い他に、スペックとしては賞味期限3年、『吉野家』公式商品、内容量160gって感じでして、珍しいトコロでは”玄米”を使っている事が挙げられます。

エネルギー的には289kcalでして、写真の通りちょっと成人男子1食分としては少な目な予感……

ちなみに缶も込みでの総重量は199g、まあ缶詰だからこんなもんかな?

最近の缶詰の缶は軽量化されているので、そこまで保存食として重いって感じではないかもですね~

『SUNYO 牛めし』

わりと自衛隊の”戦闘糧食Ⅰ型”の美味しさが、災害派遣などで一般市民に広がったのか、陸上自衛隊への納入が無くなったものの、災害用の非常食として前よりも売られている感じでして、ちょっとしたスーパーやホームセンターならわりと入手出来るかな?

もっとも、以前は楕円型の”大型缶”(缶も含めた総重量470g)ばかりだったのですが、なんか『吉野家 缶飯牛丼』と同じサイズの小型缶も売られていたので、それは試してみるじゃない?

ちなみに同一商品の大型缶は賞味期限が3年6ヶ月なのですが、この小型缶は賞味期限が5年でして、缶の方の品質と言うか加工技術で差が出た感じ?

(錆びないアルミ缶?)

ちなみに缶も含めた総重量は222gで御座います。

2ページ目に続く!

ブログ&レビュー

Posted by yellow