『朗朗朗 橋本店』(さぶろう)飯マシ肉丼生姜焼きを飯マシマシで食す!

相模原,カツ丼&丼モノ

『飯マシ肉丼 生姜焼き』680円

こんな感じで、どうでしょう?

ほほう……680円にしてはイイ感じのボリューム感でして、ぱっと見た感じのグラフィックで言えば合格なんじゃなかろうか?

ちなみに定食と肉丼は無料トッピングで”油(背脂)、タルタル、飯マシ”が出来るので、食券を渡す時に元気良く「飯マシマシで!」って言った方が良いと思います!

(小サイズ丼は無料トッピング無しの模様)

って事で、写真の『飯マシ肉丼 生姜焼き』の飯マシマシですが、これで680円なら下手に牛丼チェーン店で特盛りとか食べるよか、お得な気がして来ませんかね?

ま、筆者もちょいちょい”生姜焼き定食”は食べてると思うのですが、この盛りっぷりで680円なら『朗朗朗』って選択肢も悪くはないぞと。

ちなみに御飯の量ですが、特にグラムで書いてないので謎なものの、多分にノーマルで200弱、マシで350g、マシマシで500g弱くらいかなと。

若干、店の外にあるマシマシ写真と筆者が食べてるマシマシを比べると、なんとなく写真の方がボリューム有りそうなので、あの写真通りならマシマシで600gくらいあるかもです。

生姜焼きの方は写真で見ても分かる通り、なかなかの生姜感でして、タマネギと肉のバランス感も悪くはないぞと。

ってか、下の方に長ネギもあったので、そこら辺もデフォで入るのかどうかは謎ですが。

で、キャベツとかモヤシは必要なのかっちゅう話ですが、そこは……まあ『朗朗朗』のアイデンティティーって事で納得して頂きたいと思います。

って事で、気になる味の方ですが、あえて言おう!

「わりと真面目に美味しいですと!」

いや、個人的にはラーメンよりも気に入った……と言うたら失礼ですが、G系ラーメンなら他に美味しい店が沢山あるので『朗朗朗』の出番はぶっちゃけゼロですが、このジャンルなら『朗朗朗』でも勝つるんじゃないですかね?

生姜焼きの下には海苔があったりして、そこら辺のワンポイントも個人的には高評価で御座います。

(どうせなら全面に敷いて欲しかった件)

そして!

あれこれ言っておいて最後に言うのはアレですが、正直に言えば「気に入ったのは……値段だ。」って事でFAでして、飯マシマシ無料は神かなと。

ご馳走さまでした!

『飯マシ肉丼 生姜焼き』総評

って事で、久し振りに『朗朗朗』で”手応え”を感じたかもでして、この路線は嫌いじゃなくってよと思った次第。

若干は『スタ丼』と被るかもですが、多分に『朗朗朗』の方がコスパは優れるんじゃないでしょうかね?

こうなると『デカ唐揚げ定食』とかも気になるのですが、なんかソコだけは丼がなくて定食のみ……ん~、どうでしょう?

個人的には『朗朗朗』はラーメン屋さんですので、定食とか半端な事はしないで、全部ドンブリ飯でいいじゃんって思うんですけども?

ま、なんなら『肉マシ』とか『唐揚げ1個』のトッピング券、さらには無課金アイテムの”タルタルソース”を上手く使ってアレンジすれば、どこぞの『マシライス』に太刀打ち出来るポテンシャルはあるのかなと。

って事で、普通にワンチャンある『朗朗朗』の『飯マシ肉丼 生姜焼き』ですので、是非みなさんも食べに言ってみて下さい。