『中村麺三郎商店』塩ラーメンに手揉み麺ですと?@相模原

手揉み麺って最高じゃね?

ラーメンに関しては人それぞれ好みが違うし、麺の方も太麺が好きとか細麺が好きとか様々ですが、あえて言おう!

「手揉み麺が一番好きであると!」

ま、そこら辺は離乳食替わりに小田原系ラーメンを食べて育った筆者ですんで、いわゆる『味の大西』的な”室伏製麺所”の手揉み的な縮れ麺が好みでして、今でも好きな麺を一種類選べと言われたら、理屈抜きでコレになるぞと。

って事で、ちょいと前に『中村麺三郎商店』の限定ラーメンとなる『味噌らぁめん』が、手揉み麺だった時は地味にガッツポーズだった筆者でして、当然そこら辺も実食済みで御座います。

そして!

なんか本日の『中村麺三郎商店』公式Twitterによると、今日は”春よこい”の新麦を使った手揉み麺を、醤油と塩用でも用意したとの事。

ほほう……そうなると興味120%でして、オダサガのコッペパンとか行ってる場合じゃねぇ気がしませんかね?

って事で、そこは迷う事なく食べに行く感じでして、やっぱ『中村麺三郎商店』のTwitterはフォローしておかなきゃですな!

今時、下手に公式サイトを作るよりも、ラーメン屋さんでしたらTwitterをフル活用した方が吉と思われ、ラーメン好きならTwitterは触っておかないと、各店の限定ラーメンとか臨時休業とかの情報も得られないんで、とりあえずTwitterのアカウントは作っておいた方が良いと思います。

ちなみに券売機的には手揉み麺が用意されている訳では無く、食券を渡す時に「手揉み麺でお願いします!」って感じでして、まあそこら辺の事も結局は『中村麺三郎商店』のTwitterを見なきゃ始まらないんで、宜しくお願いします。

『海老ランタン塩らぁ麺』1170円

こんな感じで、どうでしょう?

まあ、知らない店でいきなりラーメンに1170円突っ込めるのかって話ですが、この『中村麺三郎商店』に関してはすでにプルーフされているので、余裕で突っ込める俺がいる!

ま、そこら辺のクオリティーは写真からも伝わるとは思いますが、材料と言うかラーメンとしての味を考慮すると、その値段も納得かなと。

まあね。

そうは言うても未だに「ラーメンに600円以上は払えない!」みたいな事を言う人も居ますが、ぶっちゃけ今時はチェーン店のラーメンですら600円では食べれない時代ですんで、そういう無理ゲーな設定を強要する人は、家で即席ラーメンでも食べてれば良いじゃない。

そもそも、そういう人って未だに「ラーメンは600円もあれば食べられる」と思ってるレベルでして、ぶっちゃけ文句を言うほどに外食もしてなければ、ラーメンも食べていないと思うので完全スルー1択で御座います。

って事で、今の時代はラーメンに関しても値段から入るのは如何なモノかなと。

勿論、そこら辺は個人個人の予算感で決まるので、人それぞれで良いとは思うのですが、やはり一定のレベルを超えるラーメンを提供するには、一定レベルの食材を使う必要もあるので、ラーメンも千円を超えて来るのも仕方ないって事は、理解しておく必要があると思います。

逆に言うと「千円超えるラーメンは絶対食べない!」とか言うてる人は、もうその時点で人生の何割かを損してるとも言えるので、何はともあれ一度食べてみてから判断したら良いんじゃなかろうか?

ん~……まあ、しかしココら辺の具材の仕上がりも、流石は『中村麺三郎商店』って感じでして、やはり淵野辺と言うか相模原でも、確実にトップレベルかなと。

そして!

通常であれば、やはりスープの方をクローズアップしなきゃな予感ですが、今日ばかりは”手揉み麺”の仕上がりと言うかマッチングが気になる感じですので、あえて言おう!

「メチャメチャ美味しいですと!」

そもそも『中村麺三郎商店』の塩ラーメンは好きなんで、そりゃ美味しいでしょうがよって話ですが、やっぱ平打ち麺でもイケてる味わいで御座います。

単純に考えると塩ラーメンですんで細麺の方が良さそうなもんですが、ラーメンって必ずしもセオリー通りが最高の結果になる訳では無いってのが、逆に面白いトコロなんですよね~

ん~……こうなって来ると醤油も試したいし、個人的には絶対に白湯スープに合う予感しかない!

ご馳走さまでした!

『海老ワンタン塩らぁ麺』総評

と、言う訳で当たり前の結果と言えばそれまでですが、やはり『中村麺三郎商店』の塩ラーメンに手揉み麺も美味しかったと言う事で!

ま、すでにブラッシュアップを重ねた『中村麺三郎商店』でして、ほぼメニューの方も固まって来たし、スープの方もすでに安定かなって状況で落ち着いて来たので、いよいよ麺の方も幅を広げようって事でしょうかね?

スープに関しては基本的に清湯と白湯の2本立てでして、確かにココからスープを増やすよりも、麺の選択肢を増やす方が正解な予感でして、ちょっと今後の『中村麺三郎商店』の動きから目が離せないぞと。

って事で、今のトコロは”お試し”って感じですんで、次はいつ醤油や塩を手揉み麺で食べられるかっちゅうたら謎ですが、多分に何回かはやってくれると思うので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

『中村麺三郎商店』淵野辺

神奈川県相模原市中央区淵野辺4-37-23

営業時間 11:30~15:00 18:00~21:00

定休日 水曜日(他月イチで連休あり)

『中村麺三郎商店』Googleマップで表示