『かっぱ寿司』カッパが息してないので心配です(神奈川県在住 独身男性)

魚&寿司回転寿司

『かっぱ寿司』に行く時~

昔々その昔、回転寿司と言えば『かっぱ寿司』だった記憶でして、確かに回転寿司業界ではトップだったと記憶しております。

だが、しかし!

その後は『スシロー』に抜かれ、さらに『くら寿司』や『はま寿司』にも追い越され、今では他の企業に買収されてギリ存続している感じで御座います。

ん~……まあ、こういうのは競争に勝ってナンボかもですが、基本的には首位から転落した企業が返り咲いたパターンって……有りましたっけ?

って事で、鬼久し振りに『かっぱ寿司』に行ってみた次第。

すると、どうでしょう?

平日とは言えジャストにランチタイム……なのに、この過疎っぷりは一体?

知っての通り、ここ最近は筆者も回転寿司を食べまくっているので、なんとなく回転寿司の混み具合と言うか人気みたいなのは把握しているのですが、この『かっぱ寿司』に関しては客の方が動揺を隠せないレベルで御座います。

ま、これが業界最下位の現状って思うと、チェーン店界隈も厳しい世界だなと。

みたいな小並感はありますが、当サイト的に要は寿司が美味しいか美味しくないのかってだけですんで、ちゃちゃっと食べる方向で御座います。

ほほう……醤油用の小皿があるのは高評価ですな!

箸も今の状況を考えて袋入りですし?

でも、タッチパネルのスタート直後、いきなり味噌汁とか茶碗蒸しを真っ先に勧めて来るのは微妙ですな……

むしろ、ソコら辺は最後じゃね?

『冬の国産白身三昧』税別280円

こんな感じで、どうでしょう?

筆者、光モノの次に白身系が好きな感じですので、まずは”さめがれい、真鯛、ひらめ”がセットになった『冬の国産白身三昧』を食べてみた次第。

わりと『かっぱ寿司』って、こんな感じのセットとか合い盛りみたいなのが豊富なのは、あまり量を食べれない人には良さそうな?

気になる味の方ですが”さめがれい”はそもそも魚としての味がね~って感じなものの、真鯛と平目は普通かなと。

『金華さば昆布仕立て』税別100円

普通のサバなら余裕でスルーですが、”金華さば”となると食べてみたい俺がいる。

ん~……普通に美味しいかな?

写真だとタネと言うか刺身も小さく見えるかもですが、わりと普通に刺身を切っているのでボリューム的には他店と大差ないと思います。

『TEMAKIウインナー』税別100円

さて。

確実に物議を醸し出す予感しかない『TEMAKIウインナー』でして、こんなモノをやってる余裕があるのかよ説しか無いのですが、あえて言おう!

「公式サイトのメニューにはないと!」

ん?

単純にミスなのか『かっぱ寿司』相模大野店のオリジナルなのかは謎ですが、とりあえずレアキャラって事でワンチャンかなと。

ちなみにコチラの商品、出て来るまでに一番時間がかかった感じでして、多分にコレ1本だけを一生懸命炒めていたのかと思うと、全米が泣いたレベルの感動を得られると思います。

まあ、しかし。

この過剰なまでのケチャップ感、誰もがウシジマ君だと思うなよって感じでして、味的にはほぼほぼケチャップでして、多分にリピーターはいなさそうで御座います。

『まぐろ』税別100円

って事で、一応は定番中の定番も食べておこうかなと。

ん~……コチラの『まぐろ』も写真だと小さく見えるかもですが、他の回転寿司チェーン店みたいに変な切り方と言うか小細工をしていないので、多分にボリューム的には普通だと思います。

個人的にはコッチの方が普通の寿司っぽいし好印象なのですが、やはり世間一般ピープルは変な切り方してても大きく見えた方が良いんですかね?

『サーモン』税別100円

って事で、今ではすっかり市民権を得た『サーモン』も食べてみる事に。

いや!

昔々と言うか回転寿司なるモノが普及する前とか、ガチな寿司屋にサーモンとか無いですからね?

流石に令和な今、よほど硬派な店以外はサーモンも置いてありますが、寿司タネ的にはわりと新参者で御座います。

『活〆寒ぶり』税別100円

って事で、季節的にもブリが食べたい俺がいる。

ん~……まあ、普通に美味しいかな?

こちらも普通に切っているので写真的には小さく見えるかもですが、そもそもの寿司ってこんくらいですよ?

『あじ』税別100円

光り物も一応はチェックしなきゃですので、とりあえず『あじ』をオーダーしてみたものの、コレは流石にちょっと小さいかなと。

まあ、回転寿司で光り物をオーダーする方が迂闊って事で!

『〆いわし』税別100円

そうは言うても、一応は回転寿司としてのレベルを知る為に『〆いわし』も食べてみた次第。

名前の通り、軽く酢で締めてあるので逆に味的には食べれるかな?

ま、一皿味見しとけば十分でしょう。

『赤えび』税別100円

って事で、最後は『赤えび』で締めておきますかね~

この『赤えび』に関しては、どの回転寿司チェーン店でも滅多にハズレないので、筆者の中では安定メニューで御座います。

ご馳走さまでした!

『かっぱ寿司』総評

と、言う訳でココ最近は大手回転寿司チェーン店を食べまくって研究しているのですが、個人的には『かっぱ寿司』も悪くないぞと。

もっとも、そうは言うても売り上げ最下位ですんで、やはり世間一般では人気が無いとの結論になりますが、多分に魚や値段が悪いって訳ではなく、刺身と言うかタネの切り方の差かな~って。

今のトコロは『はま寿司』が一番極悪な切り方をしていて、そこら辺と比べたら『かっぱ寿司』の方が正直で宜しいかなと。

とは言え、やはりキャンペーンメニューとかもピンと来ないし、なんなら”東北エリア超限定!”みたいな感じでノーチャンスだったりと、確かにこれでは業界上位に返り咲くのは無理ゲーっぽい。

そんな感じで、結局のところは実際の人気と言うか売り上げ通り、多分に『スシロー』が最強かもですが、密に成り得ない感じの『かっぱ寿司』も今ならワンチャンかもですので、どうでしょうか?

魚&寿司回転寿司

Posted by yellow