『麺匠竹虎』虎ダレ味噌ラーメンを食べてみた@新宿本店

2017-09-18

スポンサーリンク

『麺匠 竹虎』@新宿本店

東京都新宿区歌舞伎町2-36-3 新宿アシベ会館

営業時間 11:00~翌朝9:00

定休日 無休

『麺匠 竹虎』Googleマップで表示

圧倒的な営業時間『麺匠 竹虎』

11時から翌朝の9時までと、ほぼ24時間営業と言っても過言ではないレベルの営業時間を誇る『麺匠 竹虎』で御座います。

ま、眠らない街”新宿”ですので、このロングな営業時間も正解なんじゃないでしょうか?

『魚介豚骨ラーメン』(820円)みたいな濃厚なラーメンから、『あご出汁醤油ラーメン』(860円)みたいなライトなラーメンまで揃っていて、死角のないラインナップで待ち受けています。

ちなみに『麺匠 竹虎』はちょっとした酒と肴を楽しめる、珍しいラーメン屋さんでして個室まで備えていたりします。

と、言う訳でラーメンを食べに行くと、麺を揚げた軽いスナック的な何かが出て来ます。

『虎ダレ味噌ラーメン』(820円)

何を食べようか一瞬悩んだのですが、『虎ダレ味噌ラーメン』がウリっぽい予感がしたので、コチラのラーメンにしてみました。

しっかりしたチャーシュー、白髪葱、それに加え2種類のアイテムが添えられています。

ちなみにコチラ、ラー油っぽいのが”虎ダレ”で、味噌っぽいのが”辛味噌”との事。

スープは北海道産の赤味噌と白味噌のブレンド、香味野菜をたっぷり使ったスープに合わせています。

意識高い系な”穂先メンマ”も美味しいです。

ド豚骨のコッテリスープかと思ったら、意外とあっさり系でして味噌ラーメンとしてはライトな感じでしょうか?

麺はやや縮れ感のある中細麺でして、特に可もなく不可もなしって印象です。

そして!

辛味噌などのアイテムを味を好みで変える事が出来るので、辛いのが好きな人はこれらアイテムを使うのも正解で御座います。

とは言え、両方ともブッ込んでも、そんなに辛くはならないので、わりと早い段階で投入しても問題ないと思うし、なんなら最初から入っていても良くってよ感も無きにしも非ずです。

ご馳走様でした!

『麺匠 竹虎』 総評

ラーメン自体はそれなり普通に美味しいかなと思うのですが、訪れる曜日や時間帯によっては待ち時間が長いのは覚悟すべきでしょうか?

個室があったり酒が飲めたりするので、ラーメン専門店ほど回転が良くないので、待ち人数が少ないわりには、いつまで経っても座れないパターンは多々あると思います。

ここら辺、ラーメン専門店ではなくアルコールの提供も視野に入れている店なので、仕方ないっちゃ仕方ないのですが、待ってる側は「え?まだ待つの?」みたいな感じにならなくもないので、そこら辺を踏まえて訪れる必要はあると思います。

とは言え、昼間とか人々が酒を飲まなさそうな時間帯を狙えば、スムーズにラーメンを食べられると思うので、そこら辺でワンチャンあるかなと思います。

スポンサーリンク