『パパパパパイン』コーヒーラーメン”コココココーヒー”の可能性@町田

『パパパパパイン』@ターミナルプラザ2F

東京都町田市原町田3-1-4 町田ターミナルプラザ2F

営業時間 11:00~15:00 18:00~21:00

定休日 水曜日

『パパパパパイン』Googleマップで表示

『パパパパパイン』の新作ラーメン

はい、と言う訳で町田ラーメン界隈の問題児『パパパパパイン』が新しいラーメンを出すとの事ですが、今回ばかりは嫌な予感しかないので、とりあえずその話は気が付かなかった事にしたいと思います。

嘘です。

個人的にはラーメンもコーヒーもLOVEなのですが、ぶっちゃけ両方を同時に頂きたいとは思わず、今回の『コココココーヒー』に関しては気が付かなかった事にならないかな~って。

だが、しかし!

恐らく当サイトの読者の方々も「誰か替わりに食べに行ってみてくれないかな~」みたいな人が8割、むしろ9割くらいは潜在的に居るんじゃないかと考えた結果、コレは記事化したらソコソコはバズるんじゃないのかと判断した次第です。

まあ、ただのブログなら自分の好きなモノだけ食べて好きな様に書いていれば良いのですが、”サイト”と言う形を取るのであれば自己満だけに終わらず、ある程度の公共性が必要である可能性……あると思います。

『コココココーヒー』850円

はい、こんな感じでどうでしょう?

ちなみに『コココココーヒー』のベースは煮干し系のラーメン、もといスープでして券売機には「注:苦い」と書いてあります。

と、言う事を脳味噌にブチ込んでから食券を買って頂くとして……どうでしょうね?

とりあえずコーヒーが浸食して来る前に煮干し的なスープを味見してみますと……なかなかの煮干し的なスープで御座います。

「そのままか!」みたいな御意見、御感想ごもっともで御座いますが、ニボニボしているとか言う表現は大嫌いなので、煮干しは煮干しでいいじゃない。

んで。

出来る事ならこのままコーヒー的な要素を取り除きたい衝動に駆られたのですが、それでは『コココココーヒー』を食べたとは言えない、むしろわざわざ電車に乗って町田までやって来た意味が無いので、コーヒーを溶かそうと思ったのですが、あえて言おう!

 

「正直、かなり溶けにくいと!!」

多分、スープって水と言うか”お湯”と違ってすでに色々なモノが溶け込んでいるので、そこにインスタントコーヒー的な何かは結構無理があるのかなと。

もしくはコーヒーは油に溶けにくいので、油分のあるラーメンのスープには溶けにくいのかなと。

いやいや、そもそも「なんでラーメンのスープにインスタントコーヒーが溶けにくいのか?」とか悩む必要があるのかって話でして、その答えを知ったところでなんの意味もないかもですね。

そんな事を考えながらもコレではいかんと思うので、そこは味噌汁を作る時の要領でレンゲの中で良く溶かしてみたらいいじゃない。

気になる味の方ですが……知りたいです?

確かに「煮干しの”ほろ苦さ”」フィーチャリング・カフェィの図式だとは思うのですが、ちょっとコーヒー感が強い気がします。

もしかしてコーヒーの量を半分くらいにしたら、丁度良い感じにバランスするかもですね。

ここら辺は人によって差があると思うので、デフォルトのビターさが好きって人が2%くらい存在していても想定の範囲内だとは思いますが、ブラックコーヒー派の筆者ですら「ちょっとビターかな?」と思ったので、そこら辺は改良の余地があるかもですね。

よしんば改良の余地があるとしても、この『コココココーヒー』は「あまり売れなくなるまでやります!」(売れなかったら速攻終了の意)との事でして、改良する間もなく終了する可能性も濃厚ですので、下手したらノーチャンスな可能性は否めません。

ちなみに麺の方ですが、このスープに合わせた感想を述べたいので、あえて言おう!

「俺はラーメンの麺を食べていたと思ったら、いつの間にかコーヒーを飲んでいたと!」

何を言っているのか(略

とりあえず太麺だとか細麺だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねぇ、もっと恐ろしいものの片鱗を味わった感じで御座います。

筆者、ブラックコーヒー派ですのでこれで完結しようと思ったのですが、やはり世間はミルク必須派が多数と思うし、もしかしたらビターさもマイルドになるかもなので、試しにコーヒーミルクを入れてみました。

するとどうでしょう?

確かにビターさは和らいだのですが、ますますラーメンから遠ざかった様な気がしないでもないみたいな印象でして、これが正解なのか不正解なのかは筆者にも分かりかねます。

なお、砂糖もあるのでセカンドチャンスもあるかもですが、そこまでの勇気は無いのでチャレンジャーの登場を待ちたいと思います。

ちなみにタイでは屋台のラーメン的なのに、卓上調味料の砂糖を入れる文化があるので、ワールドワイドな視点で見るとシュガーで一発逆転あるんじゃなかろうか?

ご馳走さまでした!

『コココココーヒー』総評

え~、結論を言いますと、いつもいつも『パパパパパイン』の謎ラーメンは「今度こそ不味いんじゃないのか?」みたいな感じで食べに行くものの、なんだかんだと美味しいみたいな感じ良い意味で期待を裏切られて来たパターンだったのですが客観的に見た場合、今度の『コココココーヒー』は単純に不味いって人が多い予感がしないでもないです。

筆者的には煮干しの”ほろ苦さ”にコーヒーのビターな風味をプラスした新鋭のラーメンって事で、ネタ的に有りだとは思いましたが、もう1回食べるかと聞かれたらそこは神のみぞ知るって感じです。

とは言え、この『コココココーヒー』に関しては「売れなくなったら即終了!」みたいな事を制作者である『パパパパパイン』が公式にツイートしているので、最初から一瞬の輝きだけに賭けた彗星の様なコメット・ラーメンだと思います。

ですので、死ぬ間際に「あの時、やっぱ食べてみれば良かったかな?」とか後悔するくらいでしたら、今この瞬間に食べに行くべき案件でして、そう長くは輝けないであろう事を考慮すると、今週末が勝負だと思いますね。

と、言う訳で食べる食べないは人それぞれだと思いますが、食べずに批判するのはナンセンスですし、こういうラーメンは二度と出ないかもですので今この瞬間に賭けて欲しいですね。

あと、しいて言うなら食後のコーヒーとかを再び欲する事がないので、”ラーメン+コーヒーの値段”だと思えばコスパも抜群ではなかろうか?

そんな感じで「オススメなの?」って聞かれたら「どうでしょう?」としか言えないのですが、冥途の土産と言うか話のネタにはなると思うので、勇者の方達は食べに行ってみて下さい。