【出雲蕎麦】相模原の『八雲庵』でランチの”カツ丼セット”を食べたら美味かった【割子そば】

手打ち割子そば『八雲庵』

神奈川県相模原市中央区千代田6-6-15

営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

(日曜祝日は通し営業)

定休日 木曜日

『八雲庵』Googleマップで表示

『八雲庵』の蕎麦っていいよね?

さして美味しい店が無いと言われる相模原ですが、それはまったくのナンセンスな発言でして、自らの知識が足りてない事をアピールする自虐行為に過ぎない可能生……あると思います。

と、言う訳で相模原で美味しい”蕎麦”を欲した時、どこら辺の店が良いのかって話ですが、やはり”出雲蕎麦”の流れを汲む『八雲庵』の”割子そば”は外せないんじゃなかろうか?

ちなみに『八雲庵』は通りの数本裏にある感じでして、知らない人は店の名前すら知らないと思うのですが、国産の蕎麦粉だけを用いた自家製粉、それも石臼挽きとコダワリの店でして、何気に相模原に住まう蕎麦ツウの高い評価を得ていたりするのです。

割子蕎麦の美味しい食べ方とかはメニューに載っているので、そこら辺は読んでみたら良いと思います。

『かつ丼セットそば』950円

こんな感じで如何でしょうか?

「割子そば食べないんかい!」みたいな突っ込みはあると思いますが、蕎麦系ってパーツが少なく写真が足りなくなるし、蕎麦ツウの人以外はコチラのメニューの方が需要かなって。

ま、コレはコレで『八雲庵』の蕎麦の旨さは感じられるので、ランチとしては正解だと思います。

通常、こういうセットメニューだとカツ丼が冷めるので、丼モノから食べがちですが、あえて言おう!

「挽き立て、打ち立て、茹でたてこそ至高であると!」

蕎麦にとって大事な三タテの要素は大事にしたいので、ココは『八雲庵』の蕎麦へのリスペクトと共に蕎麦から食べるのが正解!

ほほう……コレはなかなか美味しい蕎麦ではなかろうか?

筆者以外は常連客ばかりでしたが、みなさん割子そばを3枚、4枚って注文してるのも頷けますな。

蕎麦湯の方も誠に美味しゅう御座います。

そして!

筆者が提唱する「蕎麦屋のカツ丼は旨い説」を実証する為に食べた、『八雲庵』のカツ丼ですが……美味しいじゃない?

豚カツ自体は肉厚も含めて普通っちゃ普通ですが、卵が美味しい感じでして、そこに合わせるタレと言うかカエシ、そのバランスがめっちゃ美味しいです。

ここら辺、恐らく蕎麦汁と共用だと思うのですが、それが蕎麦屋のカツ丼の美味しさの秘訣って訳でして、筆者が積極的に食べている理由だったりします。

ご馳走さまでした!

『かつ丼セットそば』総評

セットの蕎麦はうどんにする事も出来ますし、暖かい蕎麦も出来るっぽいので、そこら辺は好みで良いと思いますが、やはり初見であれば『八雲庵』のコダワリを感じて欲しいので、冷たい蕎麦がベストかなと。

筆者、相模原ではそこまで蕎麦を食べ歩いてはいませんが、地方に行けば積極的に食べる派でして、この『八雲庵』の美味しさは実感出来ました。

さらに!

ここら辺の季節のメニューも素敵な予感でして、来年は稚鮎の天麩羅を食べに来たいですね~

今は蕎麦って言うとチェーン店の立ち食い蕎麦が多いと思うのですが、時にはこういう本物の蕎麦を食べるのが”生活の豊かさ”じゃないでしょうか?

勿論、人の価値観は人それぞれですので、外食に金を使いたくないって人も居るとは思いますが、いざ友達をアテンドする時に美味しい店のひとつも知らない様では、人として浅いって思われちゃう可能生もあるので、とりあえず知識としてでも店の存在くらいは覚えておいて欲しいと思います。

確かに「美味しい店なんかネットで調べれば分かるっしょ?」って意見もありますが、美味しい店、イマイチな店がある様に、広大なインターネットの世界にはハズレなサイトも少なくないので、信頼出来る優良サイトを知らなければ美味しい料理には辿り着けない可能生……あると思います。

と、言う訳で地元ら辺と蕎麦ツウの人しか知らない感じの『八雲庵』ですが、ランチのセットはコスパも高いし美味しいので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。