関西風うどんの『まる家』に行ったら煮干しラーメンを食べていた。何を(略

関西風うどんの『まる家』に行ったら煮干しラーメンを食べていた。何を(略

関西のうどんって美味しいよね?

ま、冷たい場合は別にして、温かい”うどん”を食べるなら関東風の出汁よりも、関西風の出汁で食べたい派な筆者ですので、あえて言おう!

「ここら辺には関西風うどんの店が無いと!」

嘘です。

一応、一生懸命に探してみたらチョイとある感じですが、かなりレアな感じでして、やはり関東は関東の味じゃないとダメなのかな~と思っていた次第です。

しかし!

なんか中津工業団地ら辺に『まる家』なる店が”関西風だしうどん”的な看板を掲げていて、関西風うどんが食べられるっぽいので、これはチョット気になるじゃない?

と、言う訳で気になる店を調査するのも仕事かな~と思うので、早速食べに行って来ました。

店内、セルフサービスな感じでして、店に入って向かって左側でトレーを持って、各種天麩羅等のトッピングを自分で取りつつ、レジ前に行って各種麺類やセットをオーダーし会計する感じで御座います。

まあ、『丸亀製麺』的な何かと同じですかね?

天麩羅等、結構種類があるし鶏の唐揚げとかも有り、なかなかメニューは充実していると思います。

フリーの無課金アイテムはこんな感じ。

ちょっとネギのトングが使いにくいのは、改善して欲しいと思いました。

ま、店内そこそこ広いので、わりとリラックスして食事出来る感じでしょうか?

コッチ系の店だと、わりと殺伐感ある店も多いのですが、この『まる家』は平和で御座います。

地元の人もちょいちょい利用してるっぽいし、思ったほどにトラックドライバーは居ないですな!

(大型を駐める駐車場も無いっぽいので)

一応、道路の向い側に駐車場はある模様。

『煮干しらーめん』420円

「うどんを食べると言ったな?あれは嘘だ。」

いや、筆者も『いか』(130円)の天麩羅を皿に乗せた所までは、100%うどんモチベだったのですが、レジ横に来て麺を注文する段階になったら、何故か『煮干しらーめん』を注文していたよね~

ま、今回はちょっとした様子見的な感じですので、ガッチリと”うどん”を食べるのは次でもいいじゃない。

え~、この『煮干しらーめん』は半ライスがセットされて420円ですので、コスパは良好でしょうか?

ちょっと写真では分かりにくいのですが、ハム的なチャーシューとメンマが入っています。

(ネギはセルフの無料トッピング)

さて、気になる味の方ですが……多分に業務用かな?

この謎の甘さ、どっかで食べた事がある煮干しラーメンスープですね。

ちなみに筆者、ラーメンの麺作りにハマっていた時期がありまして、色々な市販の業務用ラーメンスープを取り寄せたり、市場で買って来たりしてたので、この味もちょっと覚えがある様な?

ま、もしかしたらちゃんと作っている可能性もゼロでは無いので、そこら辺の事は保留にしておきますが、まあ可もなく不可もなしな煮干しラーメンなものの、わざわざ遠征して食べるほどでは無いかもです。

(遠征して来た筆者が言うのもアレですが)

だが、しかし!

イカの天麩羅と煮干しラーメン&半ライスで550円と言うコスパであれば、全てが許される可能性……あると思います。

ちなみにハムっぽいと思ったチャーシューは、マジにハムっぽい味がした事も報告しておきましょう。

ご馳走さまでした!

『煮干しらーめん』総評

そんな感じで結果から言うと、恐らく『煮干しらーめん』よりも『うどん』(320円)とかの方がオススメな感じでして、次回は真面目に関西風うどんを食べようと思います。

ま、場所柄もあって中津工業団地ら辺に仕事で来た人達の”お食事処”って感じですので、どちらかと言えば味よりもコストパフォーマンスに特化した『まる家』って事かなと。

天麩羅とかも安いのですが、セットメニューもリーズナブルだし、100円でオニギリ各種もあったりするので、恐らく中津工業団地ら辺ではコスパ最強かなと。

そんな感じで、わざわざ遠征してまでって感じではないかもな『まる家』ですが、あっちら辺に行ったならワンチャンあると思うので、気になる人は食べてみて下さい。

関西風だしうどん『まる家』

神奈川県愛甲郡愛川町中津2069-2

営業時間 6:30~14:00

土曜、祝日 11:00~14:00

定休日 日曜日&祝日の月曜

『まる家』Googleマップで表示

神奈川その他カテゴリの最新記事