相模原『翔』でチャーシューメン的なラーメンを食べてみた

『翔』でどうでしょう?

淵野辺の横を通り抜ける道沿いは、あの『麺屋 歩夢』があったり『貝ガラ屋』があったりと、何気にラーメン的に充実しているのですが、あえて言おう!

「翔って昔からあるかもと!」

ん~……どのくらい昔からは覚えていないレベルの昔ですが、この看板の溶け具合からして30年とか40年は営業してそうな予感。

とは言え、様々なラーメンが選択出来る昨今において、あえて『翔』を選ぶって言うのもマニアックな話でして、正直に言えば「存在は知っているけれども行った事がない系ラーメン」だったりして。

しかし!

プライベートであれば行かないと言う選択肢も成立しますが、やはり仕事と言うかサイトとしての在り方を考えた場合、この『翔』も記事化する必要があるのかな~ないのかな~と思ったので、とりあえず食べに行きました。

結果!

ラーメンはちょっと不安なので、とりあえず普通にチャーハンを食べて、まあ普通に美味しいチャーハンかな~って結論を出した訳ですよ。

と、言う訳でセカンドチャレンジ!

いや、前回はビビってラーメンはスルーしたのですが、わりと皆さんラーメンを食べていたので、もしかしたら『翔』のラーメンが好きな人も居るのかな~って。

ん~……そう言えば、前は”肉まん”とかあったと思うのですが、今年は無いみたいですね~

なんだかんだとメニューは多いので、何かしらワンチャンあると思います。

『チャーシューメン』750円

こんな感じで、どうでしょう?

どうなんでしょう?

ん~……若干、メニュー写真よかチャーシューが縮んだと言うか、小さくなった感は否めませんが、お値段750円ですので、こんなもんかと納得出来る気がしないでもないです。

むしろ、これは現実を受け入れるしかない説が濃厚。

さて。

とりあえずチャーシューを褒めちぎってエンディングを迎えようと計画していたのですが、その計画はすでに破綻したと思われ、何かしらを探さないと記事の尺が足りない可能性……あると思います。

ワカメって賛否が分かれる具材ですが、食べれば栄養ですので個人的には有りですね!

チャーシューの方もちょいと小さい気はしますが、味の方は普通かな?

以上です。

ん~……難しいかな?

ま、スープ的には悪くないと言うか、昔ながらのラーメン的な範疇で言えばって気がするものの『中村麺三郎商店』『麺屋 歩夢』『貝ガラ屋』の中間地点にある立地からして、あえて『翔』のラーメンをオススメ出来るのかっちゅうたら難しい。

と、言う訳でニンニク入れます!

知っての通り、筆者はそんなに調味料で味を変えない派なのですが、ちょっとスープの印象が薄いので、とりあえずニンニクで厚みを出す作戦。

結果!

まあ、そこまで化けたって訳でもなく、なんとなく普通に完食しちゃう感じで御座います。

ご馳走さまでした!

『チャーシューメン』総評

と、言う訳でラーメンを食べ歩いている様な人には微妙かもですが、昼はそれなりお客さんも入っているので、この『翔』みたいなラーメンが好きって人も、一定数は存在するのかなと。

ま、そこがラーメンの奥深さと言うか難しい部分でして、必ずしも最先端のラーメンと言うか味が絶対って訳でもない……って事なのかもですね。

そんな感じでオススメ出来るかどうかは難しいのですが、写真を見て「こういうラーメン好きだな~」って思う人はワンチャンあると思うし、とりあえず歴史ある『翔』だと思うので、1回くらいは試してみて欲しいと思います。

『翔』(しょう)@淵野辺

神奈川県相模原市中央区淵野辺5-8-1

営業時間 11:00~20:00

定休日 木曜日

『翔』Googleマップで表示

2020-01-30相模原,ラーメン&つけ麺

Posted by yellow