鶏肉をヨーグルトに浸けたら柔らかくなるのか試してみた結果

ヨーグルトに肉を浸けてみた

料理界隈ってわりと都市伝説的な噂と言うか、果たしてそれは科学的にリアルなのかって疑問がゼロではない怪しいワザが沢山ありませんかね?

例えば「ステーキを焼く時にビールを使うと肉が軟らかくなる」とか?

なんでもビールに含まれるビール酵母と炭酸が肉を柔らかくするとの事でして、わりと盲信的に信じられていますが、あえて言おう!

「貴方のビール、生きた酵母はいませんからと!」

勿論、クラフトビール系ですと酵母が生きたまま瓶詰めされるヤツも多いので、ビール酵母の効果も期待出来るのですが、日本で一般的に良く飲まれている大手メーカーのビールは、すでに熱処理されたり濾過されているんで、そこに酵母は生きておりませぬ……

まあ、逆にベルギービールとかは今でも瓶の中で二次発酵させている銘柄が多いので、それらビールだったらビール酵母の効果はあるでしょう。

ここら辺、どうやったら見分けられるのかっちゅうたら、瓶の中で二次発酵させてるヤツは瓶の底に粉と言うか個体っぽいのが沈殿するし、温度管理をちゃんとしないとビールの栓を開けた瞬間に炭酸で溢れたり、賞味期限に敏感だったりしますね~

で、一時期あった「ビールは健康に良い!」みたいなのも、あくまでもビール酵母が生きているビールの事でして、日本の量産ビールを飲んだトコロで健康にはなりません。

さらにビールって(略

と、言う訳で今回は「ヨーグルトに肉を浸けたら柔らかくなるのか?」みたいな実験を兼ねて、鶏肉を料理してみる事にしました。

ちなみに筆者、激辛料理やG系ラーメンの生ニンニクで疲れた胃腸をケアする為に、結構前から”自家製ヨーグルト”を作っていたりして?

ってか、生ニンニクってメチャ体に良さそうなイメージかもですが、あれって生だと刺激が強すぎて、わりとお腹に来ちゃうんですよね~

なので、G系ラーメンを食べて腹の具合が悪くなる人は、試しにニンニクを減らしてみるのも有りだと思います。

ちなみに今回はカレー味にしたいので、”ギャバン”のカレー粉を用意しました。

(『手作りのカレー粉セット』の半分くらい)

鶏肉に塩を揉み込みます。

ここら辺の塩加減は完全に直感に頼る感じですが、まあ「この肉を焼いて食べるとしたら、どんくらいの塩が必要か?」みたいなイメージで大体は大丈夫です。

ま、良くワカランかったら少な目にしとけば失敗はしないかな?

ちょいと時間をおいてからカレー粉をつけて~

ヨーグルトにダイブします。

自家製ヨーグルトなのでケチらず使えるのはメリット大ですな!

ビニール袋に空気を抜く感じで詰め込んで、冷蔵庫で一晩寝かせましょう!