【大和】『ラーメンショップ大和』つきみ野店のラーメンが丁度良い【ラーショ】

大和&座間&厚木,ラーメン&つけ麺

『ラーメンショップ大和』@つきみ野店

神奈川県大和市つきみ野4-12-5

営業時間 9:00~22:45?

定休日 月曜日?不定休?

『ラーショ大和』Googleマップで表示

ラーメンショップって良いよね?

昨今、ラーメンの劇的な進化に歯止めが効かない感じでして、この先どこまでラーメンを突き詰めるのか?……みたいな風潮ですが、あえて言おう!

「ラーショぐらいが丁度良いと!」

確かに世のラーメンが美味しくなるって事象は、ユーザーサイドにとってもメリット大である事は間違いないと思います。

だが、しかし!

今現在、令和な時代のラーメンよりも、さらに美味しいラーメンを作る為には原材料の方のアップグレードが欠かせない予感でして、そうなるとコストUPもイコールですんで、すなわちラーメンも1000円時代の到来になるぞと。

いや、昔々であれば「知恵と工夫で美味しくなる!」みたいな領域も残されていたのですが、もはや日本のラーメンは技術も含めかなり高いレベルに達していて、コレ以上の味を求めるとなると、原材料にコストをかけないと無理なんですよ。

更に言うなら、年々高騰する豚骨や小麦粉などの原材料費、人件費、水道光熱費に地代家賃などなど、ラーメン屋さんって結構キビシイ環境にある事はアピールしておきたいですね。

例えば大昔ですとラーメン1杯500円としても、材料費的な原価は100円とか150円って時代だったりして、それなり利益率の高い商売だったのですが、今の時代にその感覚でラーメンを作ると、ちょっと美味しいラーメンとは言い難い感じになり、結果としてお客さんも来なくなるぞと……

まあ、ココら辺は工場スープなチェーン店ですと、未だに原材料費を30%以下に抑えられてるパターンもあるでしょうが、店でちゃんとスープを炊いてる場合は多分に無理かなと。

つまり!

3行で説明すると「過剰なまでの美味しさって本当に必要ですか?」みたいな感じでして、その結論の中にあるひとつの答えが”ラーメンショップ”かなと。