『マルちゃん 富士宮やきそば』カップ焼きそば実食レビュー!

ブログ&レビューカップ麺

B-1グランプリですと?

一時期は流行った気がする”B-1グランプリ”みたいなイベントですが、なんか久し振りに名前を聞いたな~って。

まあ、一応はB級グルメの火付け役みたいな感じだったとは思うのですが、御世辞にも定着したとは言い難い感じですし、そもそもローカルで根付いていたモノは別にして、新たにB級メニュー狙いで作り上げた料理、ロクなもんが無い説は否めないでしょうか?

って事で、なんとなくノリで買ってしまった『マルちゃん 富士宮やきそば』でして、買ってしまったからにはレビューして100円でも200円でも稼いでおかなきゃな感じで御座います。

『マルちゃん 富士宮やきそば』

ま、一応は恒例ですので公式サイトのPRをざっくり引用しておきますかね?

めん……富士宮やきそばらしい、コシの強い硬めの角麺。

ソース……ウスターソースをベースに、ポークとたまねぎの旨味を加え、適度にスパイスを利かせたそーす。隠し味に醤油を使用し、削り粉のトッピングとのバランスを調整しました。また、高温で炒めたラードをプラスすることで、「富士宮やきそば」の特徴である肉かすの風味を出しています。

具材……味付豚肉、キャベツ、鰯削り粉

との事です。

ま、そこら辺を脳味噌にブッ込んでから食べてみたら、なんとなく感じるモノがあるのかな?

ないのかな?

中身の方はこんな感じ。

ま、とりあえず”かやく”を入れて熱湯を注ぎ、大人しく3分ほど待ちますかね~

いざ実食!

って事で、3分後に湯切りして”液体ソース”を入れてみるじゃない?

ん~……コイツはなかなかのラード感でして、あらためて「カップ焼きそば、何気にラーメンよりも高カロリー説」を認識させてくれる予感!

で、混ぜてみるとこんな感じで。

ん~……普通?

コレを見て「おっ!富士宮やきそばじゃん!」って思う人は誰も居ないと思います。

そして!

鰯を削った削り粉、つまり鰯を削った何かをブチ込むのですが、あえて言おう!

「削り粉、混ざる訳ないだろと!」

もう、投下した場所だけ削り粉がガッツリな感じでして、まったくもって混ざる気がしない罠で御座います。

って事で、気になる味の方ですが……普通のソース焼きそばですかね~

「まあ、お前が富士宮やきそばと言うのならそうなんだろう、お前にとってはな。」くらいのニュアンスでして、ほぼ100%普通のソース焼きそばです。

ご馳走さまでした!

『マルちゃん 富士宮やきそば』総評

まあ、普通のカップ焼きそばとして普通に美味しかったので、特にディスる要素はないのですが、やはり『マルちゃん 富士宮やきそば』と言うからには、食べた人が「お!富士宮やきそばの味じゃん!」ってならなければ0点かなと。

ま、そもそも”肉かす”を入れずにラードで風味うんちゃら言ってる時点で、ダメでしょ~って話ですけれども。

個人的には”B-1グランプリ”みたいな登録商標を使わせてもらう事に金を使うよりも、”肉かす”の方にコストをかけるべきって結論でFAで御座います。

そんな感じで”富士宮やきそば”らしさはゼロですが、まあ普通のカップ焼きそばとしては、フツーのカップ焼きそばなので、普通にカップ焼きそばモチベで食べたくなったらワンチャンでしょうかね?