『遊喜や』親子丼(サーモン・いくら)大盛り700円持ち帰り~

『遊喜や』麻布大の側

神奈川県相模原市中央区淵野辺1-16-13

営業時間 12:00~13:30 17:00~23:30

(ランチは平日のみ?)

定休日 日曜祝日(夏休み等あり)

『遊喜や』Googleマップで表示

そろそろ外食も解禁じゃね?

毎日、美味しい情報を求めてTwitter上を徘徊している訳ですが、どうも昨日くらいからラーメンと言うか、外食している写真がチラホラ増えて来た予感で御座います。

まあ、コレは多分にゴールデンウィーク期間中に、しっかり自粛していた効果が出たのか、ついに東京都の新規感染者数が10人と、かなり低い数字になった事が上げられますね~

統計的には土日は診療機関が基本的には休みな事もあり感染者数は減って、逆に月曜日に数字がドーンと増えるパターンが多かったのですが、そこら辺の週初めの感染者数が少なかったのは、やはり多くの人がホッとしたのかなと。

そもそもが。

最初から飲食店が大きなクラスター発生源になったって話も、ほとんど無い訳でして、果たして飲食店が営業を自粛する意味はあったのかなかったのか……

まあ、そりゃ自粛した方が結果として人々の外出する機会は減るので、そう言った意味では効果がある訳ですが、果たして経済で死ぬのと病気で死ぬのと、どっちが良いのかって部分もありますからね~

もっとも医療先進国の日本でも、東京都の新規感染者数が1日で200人とか増えてしまうと、流石に病床が満杯になって治療も受けられず、死者も爆発的に増えてしまうので、ゴールデンウィークまでは自粛も仕方無いかなと。

だが、しかし!

流石にココら辺からは別にラーメンを食べに行くくらいは、普通に有りなんじゃなかろうか?

そもそもコロナウイルスって食べ物に付着しても、そのまま胃の中に入ってしまうので基本的には感染しないのでは?

ウイルス学者によると「食事を介して感染する可能性を示すエビデンスはない。可能性があるとしてもリスクは極めて低いだろう。」との事。

更に言うと「人に感染するコロナウイルスで食べ物を介して感染しうるものは聞いた事がない。」との事でして、最初はクルーズ船での集団感染もビュッフェ形式の食事が疑われましたが、日本に寄港してビュッフェ形式の食事をしなくなってからも感染が広がった事から、密閉空間での飛沫感染などのリスクが高い事を示しています。

勿論、若干のウイルスは鼻孔などに侵入するかもですが、胃の中に落ちた分は胃液で死滅するので大丈夫な気がしますね~

ここら辺は食中毒菌とは違う感じでして、食べ物の中心部までウイルスが侵入してる訳ではないので、むしろ外に出てあちこち触って、手を洗わずに目をこするとかの方が1万倍は危険な予感……

極端な言い方をすれば、インフルエンザが食べ物から移る事が無いってのと、同じなんじゃないですかね?

そう考えると真っ先に敬遠されてた寿司屋とか、ある意味”風評被害”と言うか、もっと専門家がしっかりフォローするべきだった気がします。

なんか安易なイメージで「口に入れる食べ物から感染する!」みたいに思われがちですが、実際には空気の循環が悪い閉鎖空間での飛沫感染や、電車の吊革や各種ドアノブなどからの感染(目、喉、鼻への感染)に気を付けるべき案件。