横浜『ワンタンスープ専門店 くぬぎ屋』でオリジナル塩ワンタン

ワンタンスープ専門店ですと?

思えばラーメン屋さんでワンタンメンはメジャーな存在かもですが、逆にワンタン専門店って珍しいじゃない?

そして!

幼少の頃より『味の大西』のワンタンメンで育った筆者、やはりワンタンは大好物だったりするので、横浜にワンタンスープ専門店があると聞いたなら、それは行く1択で御座います。

場所的には関内駅から徒歩5分、伊勢佐木長者町駅から歩いて3分との事ですが、そこに若干プラスって感じで徒歩れる距離感だと思います。

ん~……わりと”お土産”的なのにも積極的みたいですね~

券売機の方は、こんな感じ。

安くは無いと思いますが、別に高くも無いのかな?

いや、あまりワンタン単品の値段って気にした事が無いのでアレですが、並ならワンタンも10個入ってるので適正価格と思われます。

ワンタンの方はオリジナル(大根&豚肉)と海老があるみたいですな!

ま、そこは迷わずミックスを選ぶってのも正解ですので、初見ならミックスで良いじゃない。

ん~……『鶏そぼろ飯(並)』(320円)なるメニューも気になりますね~

こうして見ると、なかなか何を食べるか悩む要素が生まれるかもでして、ワンタンスープ専門店も侮れないぞと。

店内、カウンター席がメインですが一番奥にテーブル席もあるので、家族連れでもワンチャンかな?

一応はホワイトペッパー的な白胡椒がありますが、多分に使う事もないかもですね。

『ワンタンスープ塩 オリジナル』890円

こんな感じで、どうでしょう?

ほほう……これはなかなか良い感じのスープでは、ないでしょうかね?

一瞬、醤油にするか塩にするか悩んだのですが、よりスープの細部が分かる様に塩をチョイスしてみた次第。

ま、後は写真で見た通りにチンゲンサイにワンタン、散らしたネギって感じでして、パッと見た感じはめちゃめちゃシンプルな予感で御座います。

そして!

一応は写真も何枚かは押さえてみたものの、そんなに語る要素は無さそうな感じでして、さくっと実食するパターンですが、あえて言おう!

「なかなか美味しいワンタンであると!」

基本、世界一美味しいワンタンは『味の大西』であると刷り込まれて育った筆者でして、大抵のワンタンは食べても盛り上がらないのですが、この『くぬぎ屋』のは、なかなかイケてる予感ですね~

この具沢山な感じのワンタンとツルッとした食感……まさにワンタンかなと。

いやね。

正直、世の中のワンタンは往々にして”餡が少ない問題”に直面すると言うか、下手すりゃワンタンの皮だけブッ込んでワンタンメンとか言う店もある感じでして、ワンタンに対するリスペクトに欠けてるんじゃないか説は否めない。

さらに!

ワンタンに大根ってのもどうかな~って思ってたのですが、実際に食べてみるとナイスな食感でして、豚肉の美味しさを損なわないのも良いですね~

スープの方は鶏ベースと思われ、白湯スープとまでは行きませんが、結構な濃度を出しています。

とは言え、やはりラーメンでは無いので塩分感は控え目でして、あくまでもワンタンの美味しさを引き立てる味に仕上げてるかなと。

ご馳走さまでした!

『ワンタンスープ塩 オリジナル』総評

と、言う訳で誠に美味しかった『くぬぎ屋』のワンタンでして、これは再訪確定かなと思った次第。

って事で、記事の伸びしろを残す為に海老ワンタンに手を付けなかった説……あると思います!

ま、そうは言うても次回は醤油を試そうかなって感じでして、海老ワンタンに行くかは謎ですが。

そんな感じでワンタン好きなら必食な予感の『くぬぎ屋』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

ワンタンスープ専門店『くぬぎ屋』

神奈川県横浜市中区羽衣町3-59-1

営業時間 11:00~15:00 17:00~翌2:00

土日祝日 11:00~翌2:00

定休日 火曜日

『くぬぎ屋』Googleマップで表示

2020-09-20横浜&川崎,中華料理関内駅

Posted by yellow