『ら~麺 安至』で”漆黒”的なラーメンを食べて来たので御報告@相模原

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『ら~麺 安至』@二本松

神奈川県相模原市緑区二本松1-35-8

営業時間 11:00~15:00

定休日 金曜日

『ら~麺 安至』Googleマップで表示

ちょっと気になるあの”お店”

いつも宮ヶ瀬の方に向かう時に「お、ここにもラーメン屋あるのか?」みたいに思うのですが、大抵はそのまま通り過ぎてしまうパターンで御座います。

と、言う訳で誰か見て来てくれないかな~と思っていたのですが、そういう”キニナル店”に突撃するのが当サイトの使命であるみたいな義務感が芽生えたので、サクッと行ってみた次第です。

ほほう……。

麺も二種類から券売機で選べるってのはイイ感じじゃないですかね?

『漆黒』(手打ち手揉み麺)650円

『煮干』『白だし』『漆黒』と3種類のベースがあるのですが、恐らくみなさんが一番気になるのは『漆黒』かなと思うので、初見ですが『煮干』をスルーしてみました。

どうでしょう?

”漆黒”と言うだけにかなりブラッキーなグラフィックでして、富山のアレを彷彿させるラーメンですな。

ざっと見た感じ具材の数はあるものの、それぞれが微妙に少ない様な気がしないでもないのですが、650円と言う値段を考慮するとこんなもんかなと思いますし、豪華なラーメンが食べたい人はトッピングアイテムを課金すれば良いだけなので、筆者的には問題ないです。

そして!

さりげなくセンターにある”生玉ネギの微塵切り”は八王子ラーメンの面影も無きにしも非ずですが、個人的には生玉ネギよりもデフォルトでかかっているブラックペッパーに注目で御座います。

気になる味の方ですが富山ブラックとは違い、そこまでの塩分感はなく、むしろ香りと言うか香ばしさが立つチカラ強いスープになっています。

ですので見た目と違いスープ的にはそこまで塩っぱくもなく、適度な生姜感と魚介の風味で意外と爽やかなラーメンかなと。

麺は平打ち手揉みって事でして、いわゆる喜多方ラーメンっぽさもありますが、この『漆黒』のスープには良く合うと思います。

あ、でも”ライ麦入りストレート麺”も美味しそうなので、次は麺を替えて食べてみたい衝動に駆られますね。

ご馳走さまでした!

『漆黒』総評

わりと新しい店なのかなと思っていたのですが、どうやら小田急相模原から移転したらしく、やはりラーメンに関してはかなりの経験を積んだ店主かなと。

そう考えるとこの『漆黒』のスープの完成度も納得でして、見た目が黒っぽいので味的には尖っているのかなと思わせつつ、実は洗練された優しい味だったりします。

と、言う訳で個人的にはイケてると思う『ら~麺 安至』(やすし)でして、他のスープも食べてみたいし、麺も替えてそれぞれ食べてみたいので再訪は確定で御座います。

若干、昼間しか営業していないのですが土日にワンチャンあると思うので、是非みなさんも『ら~麺 安至』に食べに行ってみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事