蕎麦orうどん

28/31ページ

『つるや』でカツ丼セットを食べてみたのです@相模原

相模原の『つるや』に行ってみた まあ、相模原市内なんでちゃちゃっと行ける距離ですが、個人の蕎麦屋や中華料理屋さんとなると、あまりに数が多過ぎて、どこから手を付ければ良いのか悩むパターンで御座います。 ま、最終的には7~8割は制覇出来ると思うんですけど、恐らく普通の店は普通みたいな感想になってしまう為に、さして盛り上がらない可能性は否めません。 とは言え、そういう店の情報でも無いよりは有った方が良い […]

『信州屋』の上海老天丼と蕎麦のセットが潔い件の是非@渋谷店

圧倒的なコスパを誇る『信州屋』 個人的には渋谷周辺のグルメは、さして注目していないのですが、この『信州屋』のコスパの高さに関しては一目置いている筆者で御座います。 と、言う訳で”ドリームアイドルオーディション”の帰りに、ちょろっと寄ってみた次第です。 『上海老天丼セット』700円 土日祝日の限定となりますが、天丼(海老4本)付きで700円……食べる一択では、ないでしょうか? と、言う訳でこんな感じ […]

結城市『大むら』”辛味大根のおろしそば”を大盛りで頼んだ結果@蕎麦

それとなく茨城県結城市ってどうよ? まったくもって行かないであろう茨城県結城市ですが、仕事となれば話は別で御座います。 と、言う訳で仕事の合間にさりげなくランチを食べるなら、それなり美味しい店が良いんじゃなかろうか? って感じでラーメンでも食べようと思ったのですが、この日はめっちゃ暑かったので今回は蕎麦的な何かを欲してみました。 『辛味大根のおろしそば』750円+大盛り さて、これらメニューの中で […]

  • 2017.07.18

『川一』(かわいち)で”鯵の天麩羅そば”を頂きました@秋葉原

それとなく『川一』にも寄ってみた まあ、秋葉原って地名は厳密に言うと超狭いのですが、秋葉原駅から徒歩15分くらいは秋葉原にしちゃう筆者で御座います。 これ以上だと歩くの無理なので他の地域に割り振りますが、やはりネットで検索すると「台東区台東」よりも「秋葉原」の方が10000倍くらい検索かかるので、そこは秋葉原として書かないと、誰も記事を読まない可能性……あると思います。 ちなみに最近、記事のタイト […]

  • 2017.07.18

『そば処日の出』で”もりそば”を食べてみた@台東区台東だけど秋葉原とす

もはや完全に台東区台東な件 とりあえずジャンル的に”秋葉原”でくくってますけど、まあ秋葉原駅からは確実に遠いし、むしろ完全に台東区台東ですが、あえて言おう! 「便宜上、やむなし!」 蔵前橋通り、清洲橋通りよりも手前側は”秋葉原”でジャンル訳しとかないと、地域が増えすぎて大変過ぎるので御了承下さい。 ちなみに近隣には『とんかつ大泉』や『わらび』(食堂)もあるので、意外とグルメ的には遠征してみる価値が […]

『明神そば』が御茶ノ水で最強の立ち食い蕎麦屋だと思った夏の日【閉店】

御茶ノ水最強の立ち食い蕎麦店 まあ、言うほど御茶ノ水駅前には蕎麦屋がない可能性……あると思います。 とは言え、逆にこの『明神そば』だけあれば良い説も存在するので、なんとなく食べに行ってみた次第です。 『明神そば』は店の出入り口が両側にあり、それぞれに券売機が置いてあり、一秒を争う食事を欲した時には、スタート前から有利に立てるのが良い感じです。 『明神そば』500円 と、言う訳でコチラが『明神そば』 […]

  • 2017.07.16

『嵯峨谷』生ビール150円を飲む為に”うどん”を食べる件の是非@秋葉原

「150円で生ビールが飲めるだ……と?」 秋葉原の夏は暑いので、筆者的には「大人の給水ポイント」をどれだけ確保出来るかが生死を分けます。 と、言う訳でちょいと喉を潤したい時に利用しているのが、こちらの『嵯峨谷』で御座います。 って感じなので、当サイトでもすでに紹介済みなんでスルーしても良いのですが、やっぱり150円生ビールの魅力には勝てない筆者でした。 『生プレミアムモルツ』150円 はい、と言う […]

『千とせ本店』で”肉吸い”を食べずに”肉うどん”を食べる勇気@難波千日前

吉本の芸人も通う『千とせ本店』 みたいなキャッチで有名な『千とせ本店』でして、わりと観光客向けの店と言われてしまうが、あえて言おう! 「自分、観光客ですし!」 と、言う訳でそれとなく難波に行った時に食べてみた次第です。 とは言え、営業時間も短いし行列は面倒なので、筆者の滞在期間中もワンチャンしかありませんでした。 『肉うどん』650円 まあ、なんか『肉吸い』(650円)を食べるのが王道らしいんです […]

  • 2017.07.05

秋葉原『朝日屋』カツ丼と蕎麦のセットがオススメで御座る@創業明治23年

創業明治23年『朝日屋』ってどうよ? 秋葉原の蕎麦を語るなら、この『朝日屋』の存在を無視する訳には参りません。 何せ創業は明治23年と秋葉原周辺ではかなりの老舗でして、まさにリスペクトすべき蕎麦屋のひとつだと思います。 特筆すべきは今でも酒に関してコダワリがあり、いわゆる居酒屋とか大衆割烹が出来る前、それこそ江戸っ子が酒を飲む場所のひとつである”蕎麦屋”の伝統を、今でもしっかり受け継いでいる『朝日 […]

  • 2017.07.04

新宿『かめや』24時間営業の神蕎麦店で”元祖冷やし天玉そば”など如何でしょう?@夏

新宿で蕎麦言うたら”KMY”じゃね? まあ、普通に『かめや』と書いても変わらない可能性……。 とは言え、新宿で蕎麦を喰うと言ったら『かめや』一択でして、『かめや』で食べられ無いシチュエーションに限り、他の蕎麦屋に流れているとの都市伝説があります。 嘘です。 そんな都市伝説はありませんが、そのくらい『かめや』はレジェンダリーって感じでして、まあ筆者も遅かれ早かれ書かざるを得ない可能性は否めません。 […]

1 28 31